お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されません。Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。

  1. ふるさと納税
  2. 自治体一覧
  3. 宮城県気仙沼市

宮城県気仙沼市けせんぬまし

<「海と生きる」気仙沼>

気仙沼市(けせんぬまし)は宮城県北東部の太平洋岸に位置し、四季を通して静穏な気仙沼港は各地へ赴く漁船の一大基地となっており、魚市場には三陸沖や世界の海で漁獲された魚介類が並びます。
気仙沼の代名詞ともいえるフカヒレや水揚げ日本一を誇る生鮮カツオなどの海産物のほか、地元特産の農産物やB級グルメとして人気の気仙沼ホルモンなどがあり、美食の街としての一面も持っています。
東日本大震災により大きな被害を受けましたが、復興の完遂に向けて歩みを進める気仙沼市へ、皆様の更なる御支援、後押しをお願いいたします。

寄付金の使い道について

いただいた寄付金は以下のいずれかに使わせていただきます。
※ 1自治体につき使い道はひとつしか選べません。

閉じる

  • 宮城県気仙沼市

    結婚・出産・子育ての支援

    結婚・出産・子育ての希望を叶えるまちを目指します。

    <現状と課題>
    ・出生数の減少や女性人口の減少により、本市の2019(令和元)年の「合計特殊出生率 」は、1.16 と国や県を下回っています。
    ・核家族化の進展、共働き家庭の増加、地域のつながりの希薄化など、家族のあり方や家族を取り巻く環境が多様化しており、子育ての孤立感や負担感、育児不安を抱える子育て世代を、社会全体でバックアップしていく必要性が高まっています。

    <主な取組>
    ・結婚新生活における経済的不安を低減するため、新婚世帯に対して、住宅取得費用や家賃、引越費用などを補助する「結婚新生活支援補助金」を交付します。
    ・子育て世代が安心して子どもを産み、育てられるよう妊娠期から出産、子育て期にわたり、切れ目のない支援を実施します。
    ・子ども医療費の助成対象年齢を15 歳から18 歳まで引き上げるとともに、保護者の所得制限を撤廃することにより、子育て世帯の経済的負担の軽減を図り、安心して医療を受けられる環境を整えます。

    働きながら子育てができ、子どもの健やかな成長を地域みんなで支えるまちにできるよう、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 宮城県気仙沼市

    自然・環境・食を守り続ける

    自然を「知り」、「残し」、「活かす」社会をつくります。

    <現状と課題>
    ・近年、海洋に流出したプラスチックごみによる海洋環境への影響が問題となっており、マイクロプラスチックに含有・吸着する化学物質の食物連鎖による魚類等への蓄積など、生態系や本市の基幹産業への影響も懸念されています。
    ・温室効果ガスの排出削減に向けては、各家庭や事業所、学校、公共施設等において、省エネルギー化や再生可能エネルギーの導入等が進められています。

    <主な取組>
    ・2019(令和元)年9月に策定した気仙沼市海洋プラスチックごみ対策アクションプランに基づき海洋ごみの削減を図ります。
    ・市オリジナルエコバッグの普及を図り、マイバッグ運動を推進します。
    ・市域での二酸化炭素排出量の実質ゼロを達成するため、「2050 気仙沼カーボンニュートラル」を推進します。
    ・地域新電力会社と連携し、再生可能エネルギーの利用拡大とエネルギーの地産地消を推進します。
    ・豊かな心の醸成や魚食・地場産物の普及、世代間の交流・食文化の継承等を目的とした料理教室や料理コンテストを開催し、食を通した地域活性化を図ります。

    豊かな自然や食文化を大切にし、誇りに思い、語ることができるまちをつくります。みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 宮城県気仙沼市

    高い防災力を維持する災害に強いまち

    自助・共助・公助による災害死ゼロを目指します。

    <現状と課題>
    ・2011(平成23)年3月11 日の東日本大震災において、本市は甚大な被害を受けました。また、近年は台風の大型化や局地的大雨等の影響により、全国各地で大規模な洪水や土砂災害等の自然災害が発生しており、震災からの復興と合わせ、さらなる防災対策の推進が求められています。

    <主な取組>
    ・自主防災組織の結成や育成・支援に関する取組を強化します。
    ・津波・高潮対策を強化するため、海岸保全施設整備により、浸水被害を軽減します。
    ・大雨等による冠水対策として、ポンプ場や函渠等の施設整備を進めます。
    ・避難所の環境整備と機能向上を図るため、新型コロナウイルス等の感染症拡大時の対応も考慮した資機材等の整備により、市民の安全確保に努めます。また、避難所での生活が困難な高齢者等を受け入れる福祉避難所の運営体制等の充実を図ります。

    震災からの復興と合わせ、さらなる防災対策を推進してまいりますので、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 宮城県気仙沼市

    産業の振興と雇用の創出

    地場産業や地元企業の競争力を強化し、市場を海外にも求め、持続可能な地域経済を構築します。

    <現状と課題>
    ・人口減少が進む地方や地域では、「人口減少が地域経済の縮小を呼び、地域経済の縮小が人口減少を加速させる」という負のスパイラルに陥ることが懸念されています。
    ・地域経済の縮小に歯止めをかけるためには、域外への資金流出を防ぎ、域内経済の資金循環を好循環させる仕組みづくりが求められています。

    <主な取組>
    ・全国的に水産業が衰退する中で、特徴である日本一の水産クラスターを進化させ、全国の漁業者、消費者から信頼され、地域経済を支える産業としての復活を目指します。
    ・資金を獲得するため、事業者が行う国内他地域への販売や海外への輸出の取組を支援するとともに、域内で供給出来ない産業については、企業誘致を積極的に進めます。
    ・起業・創業者や新規事業を展開する事業者、地域課題の解決に取り組む事業者等を支援し、市民が活躍できる新たな産業と雇用を創出します。
    ・国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現を図るため取り組みを進めます。

    持続可能なまちの発展に向けて取り組んでまいりますので、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 宮城県気仙沼市

    人間力・挑戦する心・地域愛を育むまち

    教育環境を整え、子どもの生きる力を育みます。また、人生100 年時代を見据え、生涯学ぶことができ、スポーツ・文化活動に親しめるまちにします。

    <現状と課題>
    ・知、徳、体の調和のとれた「生きる力」を子どもたちに身に付けさせ、持続可能な社会の創り手としての未来を拓く人づくりを進める必要があります。
    ・少子高齢化、核家族化等により住民同士の連帯感や地域活動への参加意識が希薄になり、家庭や地域の教育力の低下が指摘されています。

    <主な取組>
    ・自ら「問い」を持って自分事として思考し主体的に課題を解決する力、違いを乗り越えて協働的に課題解決ができる力を養うために、「教えから学びへ」の転換を図り、教科等学習とESDの双方で授業改善を推進します。
    ・生涯にわたって学び続けられるリカレント教育を推進します。
    ・高齢者が生き生きと活力のある生活を送れるよう、スポーツ活動機会の創出と交流の推進に努めます。
    ・文化遺産を次世代に継承するため、適切な保護・整備を行うとともに、観光コンテンツとして、地域の魅力アップに資するイベントの開催など、情報発信に取り組みます。

    「人間力・挑戦する心・地域愛を育むまち」を目指して取り組んでまいりますので、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

気仙沼市のふるさと納税に関するお問い合わせ

窓口:結デザイン有限会社
電話番号:0957-73-6945
受付時間:9時~17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始除く)
メールアドレス:kesennuma@yuidesign.jp