お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されません。Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。

  1. ふるさと納税
  2. 使い道一覧

使い道一覧

閉じる

カテゴリーで絞り込む
地域で絞り込む

24件中12件表示(2/2ページ)

  • 富山県立山町

    立山黒部アルペンルート応援プロジェクト

    立山黒部アルペンルートの魅力発信や環境整備、維持・活性化、事業者支援に活用します。

    立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができます。

    <現状と課題>
    そんな国内外から多くの観光客が訪れる山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で観光客が激減しており、関連事業は大きな打撃を受けています。
    そこで、アフターコロナを見据えて、アルペンルートに多くの観光客が訪れるよう、
    アルペンルートの魅力発信や環境整備、維持・活性化、事業者支援などに活用します。

  • 山梨県韮崎市

    豊かな自然・歴史資源を未来につなごう!

    韮崎市は、西に南アルプス、東に奥秩父山系前衛の山々がそびえ、山に親しむ人々の玄関口となっています。本格的登山から家族でのハイキングまで、訪れる人々の目的にあったふれあい方が楽しめる大自然の宝庫です。
    この豊かな自然環境を、自然に親しむことのできる空間として保全・活用に取り組み、観光資源などの貴重な財産として次世代に引き継いでいきます。

    <現状と課題>
    ・山梨百名山の一つである「甘利山」では、草花の植生変化が起きつつあり、その原因究明と対策が必要です。
    ・市の指定文化財であるわに塚の桜の樹勢に衰えがみえ、今後継続して樹木の保全が必要です。
    ・史跡などを整備活用していく必要性があります。
    <事業例>
    ・南アルプスユネスコエコパーク普及促進(例:レンゲツツジの大群落甘利山)
    ・田園地帯に咲き誇る、孤高の桜保全(わに塚のサクラ)
    ・甲斐武田家ゆかりの史跡整備(例:武田家の氏神武田八幡宮、新府城跡)
    ・市立公園等の管理運営(例:観音山公園、穴山さくら公園、午頭島公園)

  • 長野県小谷村

    登山道、遊歩道及びトイレ等の環境整備に関する事業

    小谷村内には国立公園(妙高戸隠連山国立公園、中部山岳国立公園)が2つもあり四季折々の表情を見せ、年間を通して多くの登山客が訪れます。しかし、登山道の老朽化が進み、登山中の事故も発生しています。老若男女問わず安全に登山を楽しんでいただけるような環境にしたい。小谷村の山に訪れた際にはいい思い出をつくっていただきたい。そんな思いがあります。いただいた寄付金は老朽化した登山道や遊歩道の修繕をはじめ、公衆トイレの整備に活用させていただきます。少しでも早く安全・快適に登山ができるよう、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 長野県佐久穂町

    佐久穂の自然を安全・快適に楽しんでいただくための事業

    佐久穂町の自然を存分に楽しめる八千穂高原。訪れた方が安全・快適に散策できるよう、登山道・遊歩道の整備に取り組みます。

    <町が抱える課題>
    登山道や遊歩道は重機が入りにくい場所が多く、手作業で整備を行わざるをえません。人の手で整備をするため、完全に整備するには多くの時間と労力がかかっています。更には、昨今の木材の高騰などの影響を受け、今までのような整備ができなくなってきています。
    しかし、整備の手を止めてしまうと、登山や観光で訪れた方が安全に散策を楽しむことができなくなってしまいます。万が一、整備不良によって事故が発生した場合、訪れた方が怪我をするだけではなく、悲しい思い出として残り佐久穂町への再訪をためらってしまうことでしょう。
    いつ来ても安全・快適に佐久穂町の自然をみなさまに楽しんでいただく、そのためにも登山道・遊歩道の整備をこれからも続けていきたいと思っています。

    <登山道・遊歩道の整備が生む効果>
    登山道や遊歩道に使用する木材は佐久穂町の木を使用しています。登山道・遊歩道を整備することが地産地消を促進し、町の主要産業である林業の活性化につながっています。
    さらに、整備作業は町の職員と地域の方で協力し合い行っています。実際に現地で作業をすることで、観光者の視点に立ち整備をすることができるほか、地域の方との交流により地域が抱える問題を直接ヒアリングする機会にもなっています。

    <いただいた寄附の活用例>
    みなさまが安全・快適に散策できるよう、登山道や遊歩道を整備します。
    ・白駒の池周辺の遊歩道(木道)整備
    ・八千穂高原自然園内の遊歩道(木道、橋)の整備
    ・花木園の修繕 など

    <寄附金活用後の今後>
    木材は経年により劣化していくため、一度きりではなく継続して整備を行う必要があります。しかし、手作業での整備には限度があるため、多くのご支援をいただいた場合に寄附金を使い切れない場合があります。その際は効果的に寄附金を使えるよう、以下のような取組を検討しています。
    ・登山道・遊歩道整備のための基金へ積立
     →継続的な整備ができるように次期の整備費用として積立をしたいと考えています。
    ・倒木や環境林などを整備する事業への活用
     →倒木や環境林から伸びる枝葉が登山や観光の妨げにならないよう、これらを整備する事業に活用していきたいと考えています。
    ・公共トイレの整備や周辺の美化活動を行う事業への活用
     →より快適に観光してもらえる事業に活用していきたいと考えています。

  • 長野県佐久穂町

    佐久穂の森林を守り、育て、未来につなげるための事業

    佐久穂町のおよそ70パーセントを占める森林。町の魅力であり財産でもある森林を守り、育て、未来につなげるために植樹活動を行います。

    <町が抱える課題>
    町にある森林は水や空気をきれいにしてくれるだけではなく、作物や住民にも多くの恵みを与えてくれています。今私たちが受けている森林の恩恵は、60年前の先人が植え、代々大切に育ててくれたことによるものです。
    森林は苗木を植えてから資源として活用できるまでに多くの時間と手間がかかります。しかし、その時間と手間を惜しんで森林整備のサイクルを止めてしまうと、未来に資源を残せません。
    「豊かな森林」を守り、育て、未来へとつないでいきたい。私たちが植える一本の苗木にはこのような想いが込められています。

    <森林はその景観で人の心をうるおすだけではない>
    佐久穂町を訪れる方の心を癒す八千穂高原の広大な白樺林をはじめとする豊かな森林。実は森林は私たちの生活に深くかかわっていることをご存じでしょうか。例えば、森林には次のような役割があります。
    ・光合成により空気中の二酸化炭素を減らしてくれる。
    ・地中に水を蓄えることで天然のダムとなり、大きな災害から人々を守ってくれる。
    ・空気や水がきれいになるため、その土地で育つ作物が美味しく育つ。 など
    こうした恩恵を受けるためには、森林を人の手で正しく手入れをする必要があります。祖父母の代が植え、父母世代が育て、子が使うという森林のサイクルをこれからも続けていきたいと思っています。

    <いただいた寄附の活用例>
    佐久穂町がこれからも豊かな森林のまちであり続けるために、以下のような事業に寄附を活用していきます。
    【森を守る】成熟した木に代わり、若い木を植える植樹活動
    【森を育てる】苗木が元気に育つための活動(下草刈りなど)
    【森を未来へつなげる】さくほ森の子育成クラブの活動(佐久穂小・中学校でのキャリア教育の実施など)

    <寄附金活用後の今後>
    植樹活動は山の状態などを見極めながら手作業で行います。一度に植樹できる量には限度があるため、多くのご支援をいただいた場合に寄付金を使いきれない場合があります。いただいた寄付金を効果的に活用できるよう、以下のような取組を検討しています。
    ・基金として積み立てを行い、継続して植樹を行いたい。
    ・キャンプや薪ストーブに使うための薪づくり教室を行いたい
    ・町の木材の利用促進のための事業を行いたい。 など

  • 兵庫県宍粟市

    環境及び景観の保全に係る事業

    最上山公園の西側に広がる「もみじ山」は、紅葉の名所として毎年多くの観光客が訪れます。公園の近くには、江戸時代から続く酒蔵や町家をリノベーションした飲食店があり、城下町風情が漂う美しい街並みが広がっています。将来にわたってこの景観を維持し、保全していく必要があります。

    <事業例>
    ◆彩りの回廊プロジェクト事業
    ◆最上山公園等整備事業(もみじ山の植裁):紅葉の名所として利用者が増加している最上山公園について、モミジ等の植栽や遊歩道の修繕を行いました。
    ◆波賀城景観保全事業

  • 和歌山県串本町

    観光振興及び自然保護に関する事業

    串本町の自然は、ラムサール条約に認定された世界最北限のサンゴ群落、清流古座川、世界遺産熊野古道大辺路、日本ジオパークに認定された橋杭岩や潮岬をはじめとするジオサイトなどを有しています。これらの自然豊かな観光資源を保護しつつ、ロケット最先端のまちを融合させた新たな観光振興を図っていきます。

    また、国内初の小型民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」が完成し、2022年代半ばには、年間20機程度が打ち上る予定です。宇宙やロケット、人工衛星に関心を持っていただくには、ロケットの打ち上げを見て感動することが一番であります。これからの未来を担う子どもたちにできるだけ良い環境下で見学していただけるよう見学場の整備が必要となります。宇宙へのゲートウェイとなる町ならではの情報発信と環境整備により、和歌山県南紀エリアの魅力向上に取り組んでいきます。

    ■サンゴを食害するオニヒトデや巻き貝の駆除活動を支援します。

    ■海・山・川といった恵まれた自然環境を生かした体験型観光の推進による環境保全意識の醸成に努めます。

    ■環境保全のための美化推進活動を支援します。

    ■自然環境の保全を意識したロケット見学場等を整備します。

    関連ページ(外部サイト)
  • 鳥取県大山町

    大山の特色を活かした施策に活用

    中国地方最高峰「大山」の自然の恵みを受け継ぎ、その豊かな自然資源を活かしたまちづくり・人づくりを進めるための事業等に活用します。

    <まちの現状と課題>
    大山は、年間6万人を超える登山者が訪れる中国地方の最高峰です。
    この登山利用に関連して、山中の避難小屋やトイレ、登山道・木道の維持管理・補修、トイレ不足によるし尿廃棄への対応として携帯トイレの運用、植生保護・外来植物除去等の取組を、地元の団体やボランティアの協力を得ながら行ってきました。しかしながら、これらの取組の継続的な実施や追加的な取組を新たに行うことが難しくなってきています。
    大山町では、ふるさと納税の寄付金を使用して鳥取県が行う登山道の修繕・維持管理経費の一部を負担することで、登山者の皆様に安全、快適に大山に登っていただける山岳環境を維持しています。

    <事業例>
    【登山道の修繕・維持管理】
     ・木道ロープ支柱購入、ヤシ繊維土のう購入、山頂木道桟木購入等
     ・登山道の補修、点検、倒木及び危険木処理等管理委託

    【その他】
     ・大山清掃活動
     ・海岸清掃
     ・はまなす自生南限地の保護活動
     ・ごみの資源化分別収集 など

    関連ページ(外部サイト)
  • 鳥取県江府町

    自然環境の保全と活用

    江府町は別名「奥大山」とも表現される大山の奥座敷。その奥大山のキーワードでもある「水」と「ブナ」。天然水を生み出す大山ブナの森は西日本最大級の面積を誇り、湧き出した天然水が流れる木谷沢渓流には、森に住む小鳥たちの鳴き声が聞こえてきます。

    この素晴らしいブナの森を守り次の世代へとつなげていくため、江府町観光協会では、「天然水の森を歩く!木谷沢ツアー」を実施しており、地元ガイドの案内のもと、天然水を生み出す森の恵みや環境保全の大切さを伝えております。

    かけがえのない奥大山の豊かな自然環境の保全をはじめ、水源の保全、環境活動への支援などに寄付を活用していきます。

  • 愛媛県愛南町

    生活環境事業への活用

    愛南町の豊かな自然を守るため、環境対策、ごみ減量化と再資源化の推進、景観の保全に取り組みます。

    <事業例>
    不法投棄を抑止し早期発見して地域の環境保全に取り組みます。
    不法投棄巡視員が町内を巡視し、不法投棄を防止します。

  • 高知県本山町

    アウトドアの里づくりに関する事業

    本山町では自然を身近に感じることのできる環境を活かし、アウトドアイベントの充実や施設整備、インストラクターの育成に取り組むための経費に活用します。

    <まちの現状と課題>
    本山町は山岳や河川等の豊かな自然資源を活かし、白髪山登山や吉野川でのカヌー等のアウトドアを中心とした自然体験型の観光を実施することで、交流人口の拡大を図っています。
    アウトドアヴィレッジ本山や集落活動センターをアウトドア体験の拠点として位置づけ、アウトドアを通じて地域の経済活動が活性化されています。
    しかし、ラフティング・カヌー、トレッキングなど豊富なイベントを行うためにも人づくり(インストラクター育成等)などの課題もあります。

    <事業例>
    ・アウトドアイベントの充実や施設整備
    ・インストラクターの育成 など

  • 高知県本山町

    自然資源の保全・利活用に関する事業

    本山町は全面積の約90%を森林が占め、山岳や清流等の自然資源が大変豊富な町です。
    吉野川支流の樫ノ川水系を囲む棚田など、日本の原風景が残る同町ならではの見どころも数多く、例えば、登山やハイキングコースとして人気が高い「白髪山(しらがやま)」は、県立自然公園に指定されています。登山道には樹齢150年から200年のヒノキが林立し、山頂一帯には、白骨林と呼ばれる自然が創り出した絶景が広がっています。

    この豊かな自然を守るとともに資源として整備・活用し、自然を活かした地域の活性化に取り組むための経費に活用します。

    <事業例>
    白髪山・奥工石山研究事業への支出 など

24件中12件表示

閉じる

カテゴリーで絞り込む
地域で絞り込む