お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されません。Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。

  1. ふるさと納税
  2. 使い道一覧

使い道一覧

閉じる

カテゴリーで絞り込む
地域で絞り込む

19件中12件表示(1/2ページ)

  • 北海道小清水町

    自然環境の保全と活用

    小清水町は、オホーツク海、濤沸湖(とうふつこ)、阿寒国立公園の藻琴山(もことやま)を有する自然豊かな町です。これら自然豊かな環境を保全するため、地域に密着した取り組みを推進していくとともに、生涯教育を通して自然保護の大切さを啓発し、自然と共生する文化の継承発展に努め、自然景観を活かしたまちづくりを進めます。

    <事業例>
    ◆ツーリストセンター整備事業
    ◆森林整備推進対策事業
    ◆観光推進組織構築事業

    関連ページ(外部サイト)
  • 北海道東川町

    天人峡温泉環境保全(レクリエーションの森復活事業)事業

    天人峡温泉環境保全(レクリエーションの森復活事業)事業
    大雪山国立公園は北海道の中央部に位置し、日本最大の国立公園です。
    大雪山国立公園内に国が指定したレクリエーションの森・天人峡風致探勝林があり、高さ270mの絶壁から落下して、天女の舞を連想させる、北海道指定文化財の名勝「羽衣の滝」や柱状節理の発達した断崖絶壁、七福岩、天津岩、涙岩、錦秋の壁などと名付けられた名所の数々があります。
    明治33年以来の歴史をもち、大雪山国立公園の主要な観光コースとして、また、峡谷と飛瀑の秘境の中に湯煙をあげる一大温泉郷として知られてきた天人峡ですが、4つあった温泉宿泊施設は1つだけとなり、中には経済の不振やコロナ禍により廃墟として放置されている施設があり、景観・衛生・防犯上からも一日も早い除去が求められております。
    放置されているマイナスの資産をプラスに変え、天人峡温泉の環境保全(レクリエーションの森復活)を目指します。

  • 北海道東川町

    水と環境を守る森づくり事業

    大雪山の雪解け水を活用し、美味しい水が暮らしのそばにある東川町。貴重な水資源と地球環境を守る森づくりの大切さを発信や整備を実施します。

  • 宮城県加美町

    ふるさとの自然環境を守るために

    加美町には、秀峰薬萊山に代表される豊かな自然や美しい風景がたくさんあります。清流鳴瀬川が潤す大地では代々農業が盛んに営まれ、2017年に世界農業遺産『大崎耕土』に認定されました。この自然の素晴らしさと魅力を多くの方に知っていただきたい。造林事業など環境を守る活動に加え、自然を感じ、伝えるためのアウトドア振興事業に活用します。

    【充当事例:モンベルアウトドア振興事業】
    加美町は美しく豊かな自然の中で、自然を存分に楽しみながら、自然環境や文化について学ぶことができます。カヤック、サイクリング、トレッキング、キャンプなど、子どもから大人まで様々なアクティビティを満喫できます。ジャパンエコトラックエリアに認定されたコースからは、懐かしく美しい里山風景を感じることができます。自然環境を守り、未来につなげていくためには、保全事業に加え人々に自然の魅力を伝えていくことが重要です。町の宝である自然を楽しめる「SEA TO SUMMIT」、「ルート347」の各種イベントの開催や、町を訪れた方がいつでもアウトドアを楽しめる環境づくりに寄附金を充てさせていただきます。

  • 宮城県気仙沼市

    自然・環境・食を守り続ける

    自然を「知り」、「残し」、「活かす」社会をつくります。

    <現状と課題>
    ・近年、海洋に流出したプラスチックごみによる海洋環境への影響が問題となっており、マイクロプラスチックに含有・吸着する化学物質の食物連鎖による魚類等への蓄積など、生態系や本市の基幹産業への影響も懸念されています。
    ・温室効果ガスの排出削減に向けては、各家庭や事業所、学校、公共施設等において、省エネルギー化や再生可能エネルギーの導入等が進められています。

    <主な取組>
    ・2019(令和元)年9月に策定した気仙沼市海洋プラスチックごみ対策アクションプランに基づき海洋ごみの削減を図ります。
    ・市オリジナルエコバッグの普及を図り、マイバッグ運動を推進します。
    ・市域での二酸化炭素排出量の実質ゼロを達成するため、「2050 気仙沼カーボンニュートラル」を推進します。
    ・地域新電力会社と連携し、再生可能エネルギーの利用拡大とエネルギーの地産地消を推進します。
    ・豊かな心の醸成や魚食・地場産物の普及、世代間の交流・食文化の継承等を目的とした料理教室や料理コンテストを開催し、食を通した地域活性化を図ります。

    豊かな自然や食文化を大切にし、誇りに思い、語ることができるまちをつくります。みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

  • 山形県長井市

    環境の保護・保全に関する事業

    「水と緑と花のながい」を提唱する長井市は全国に先駆け、地球の財産であり生命の源である森を守り後世も緑豊かな地球であることを願い、平成元年に「不伐の森条例」を制定しました。不伐の森とは20.3haの市有林を永久保存することにした森です。長井の水道水は全て45m以上の深井戸から取水する100%天然地下水。朝日山系の山々により自然ろ過された上質な口当たりの良い軟水です。豊富な水資源に育まれたお米、米沢牛、フルーツなどの農産物は自慢の地場産品です。

    また、 長井市ではレインボープラン(台所と農業をつなぐながい計画)に取組んでいます。平成9年から現在にいたるまで、20年以上の長きにわたり、主に中央地区約5000世帯から生ごみの回収を行っています。レインボープランは単なるごみ処理事業ではなく、3つの理念『循環』『ともに』『土はいのちのみなもと』を根幹とした循環型地域づくり事業として取り組んでいます。台所から出る生ごみでたい肥をつくり、そのたい肥で土を豊かにし、豊かな土で生産された作物を台所へと循環させる大きな輪が形作られています。

    ふるさと納税でいただいたご寄付は、長井の貴重な自然環境の保全、循環型社会の実現のために大切に使わせていただきます。

    <事業例>
    ●レインボープランコンポストセンター運営事業
    ‥生ごみを堆肥として再生産し、環境保全に貢献するもの
    ●レインボープラン推進事業
    ‥長井市を象徴する地域内循環システム「レインボープラン」の取り組みを市民にさらに普及啓蒙し、拡大発展させる。
    ●環境保全型農業支援事業
    ‥環境保全型農業に取り組む団体に対し、補助金を交付するもの

  • 群馬県嬬恋村

    自然環境の保全と利用に関する事業

    良好な景観の維持、森林資源の維持や保全、河川の水質維持のための下水道整備などに関する事業に活用します。

    <現状と課題>
    2,000m級の山々に囲まれた嬬恋村は、337.5k㎡もの広大な面積を有し、豊かな自然環境・景観に恵まれた村です。このうち約70%が森林で、上信越高原国立公園に該当する地域も多くあります。別荘分譲地用の開発地区に対しても自然公園法や村条例等により、自然環境や景観が保全されています。
    将来にわたって自然環境を守っていくため、森林の整備・保全の積極的な推進が求められています。

    <事業例>
    ・自然景観づくり植樹事業
    ・村有林広葉樹化推進事業

  • 富山県立山町

    国立公園立山の環境整備

    登山者の安全を守るために登山道・標識等の整備や立山の生態系維持に関する事業に活用します。

    立山は、雄山(おやま)・大汝山(おおなんじやま)・富士の折立(ふじのおりたて)の山なみを総した名称です。最高峰の大汝山は3,015メートルあり、主峰の雄山頂上には「雄山神社峰本社」があります。
    ここからの眺望は、さえぎるものが全くなく、山頂に立つ喜びを感じさせてくれます。
    また、高山帯のお花畑やライチョウ、夏まで残る雪渓、火山がつくりだした湖など、多彩な山岳景観を呈しており、訪れる登山者を魅了しています。

    そんな国立公園立山の登山道や標識等の整備・自然環境の維持を図り、立山に訪れる登山者が安全に楽しく登山ができる環境をつくります。

    <事業例>
    ・国立公園登山道維持管理業務
    ・国立公園立山地区美化清掃活動事業
    ・ブナ坂付近の危険標柱の撤去 など

  • 富山県立山町

    立山黒部アルペンルート応援プロジェクト

    立山黒部アルペンルートの魅力発信や環境整備、維持・活性化、事業者支援に活用します。

    立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができます。

    <現状と課題>
    そんな国内外から多くの観光客が訪れる山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で観光客が激減しており、関連事業は大きな打撃を受けています。
    そこで、アフターコロナを見据えて、アルペンルートに多くの観光客が訪れるよう、
    アルペンルートの魅力発信や環境整備、維持・活性化、事業者支援などに活用します。

  • 山梨県韮崎市

    やさしいまちづくりを応援しよう!

    多様なニーズに地域で対応するため、関係機関・団体との連携を強化するとともに、市民との協働で、地域でまるごと支え合う福祉のまちを目指します。

    <現状と課題>
    ・高齢化社会の進行やひとり暮らし高齢者の増加は社会問題となっているため、地域で支え合う自立支援と生きがいづくりの充実が求められています。
    ・東日本大震災や全国的な自然災害などをきっかけに、市民の防災意識は高まっていることから、近年は災害の少ない地域でありますが、さらに災害に強く、安全・安心なまちづくりを進めることが求められます。

    <事業例>
    ・地域まるごと介護予防事業(例:いきいき貯筋クラブ)
    ・買い物弱者と高齢者の見守り支援(例:地域移動販売車)
    ・減災力の強いまちづくりの促進(例:地域減災リーダー育成、減災マップづくり)

  • 山梨県韮崎市

    豊かな自然・歴史資源を未来につなごう!

    韮崎市は、西に南アルプス、東に奥秩父山系前衛の山々がそびえ、山に親しむ人々の玄関口となっています。本格的登山から家族でのハイキングまで、訪れる人々の目的にあったふれあい方が楽しめる大自然の宝庫です。
    この豊かな自然環境を、自然に親しむことのできる空間として保全・活用に取り組み、観光資源などの貴重な財産として次世代に引き継いでいきます。

    <現状と課題>
    ・山梨百名山の一つである「甘利山」では、草花の植生変化が起きつつあり、その原因究明と対策が必要です。
    ・市の指定文化財であるわに塚の桜の樹勢に衰えがみえ、今後継続して樹木の保全が必要です。
    ・史跡などを整備活用していく必要性があります。
    <事業例>
    ・南アルプスユネスコエコパーク普及促進(例:レンゲツツジの大群落甘利山)
    ・田園地帯に咲き誇る、孤高の桜保全(わに塚のサクラ)
    ・甲斐武田家ゆかりの史跡整備(例:武田家の氏神武田八幡宮、新府城跡)
    ・市立公園等の管理運営(例:観音山公園、穴山さくら公園、午頭島公園)

  • 長野県小谷村

    登山道、遊歩道及びトイレ等の環境整備に関する事業

    小谷村内には国立公園(妙高戸隠連山国立公園、中部山岳国立公園)が2つもあり四季折々の表情を見せ、年間を通して多くの登山客が訪れます。しかし、登山道の老朽化が進み、登山中の事故も発生しています。老若男女問わず安全に登山を楽しんでいただけるような環境にしたい。小谷村の山に訪れた際にはいい思い出をつくっていただきたい。そんな思いがあります。いただいた寄付金は老朽化した登山道や遊歩道の修繕をはじめ、公衆トイレの整備に活用させていただきます。少しでも早く安全・快適に登山ができるよう、みなさまからのご支援を心よりお待ちしております。

19件中12件表示

閉じる

カテゴリーで絞り込む
地域で絞り込む